iMac pro画像

iMac pro

パチンコチラシ風のタイトルにしてみました。遂に!上海からiMac pro到着致しました。
最近はアップル製品は中国で作っているのですね。ちょっと前に話題になった変なアリはいってないだろうな?と、雑な確認をしながら開封致しまシタ。「これでチラシが爆速で作れるに違いない!」という妄想をしつつ年末の制作物に追われているので、あまり触れておりませんが、動作確認だけ致しましたので少し書いていきたいと思います。
発売日の翌日12/15の夜中にお酒を飲みながら半分ノリと半分熟考の結果、
ポチっと発注して12/23到着!となりました。

正月休み中にセッティングする予定ですので、動作確認だけでもしておこうと、箱から出して設置している最中に事故ったぁぁぁ!隣に並んでいる古いiMacにちょっとだけ端っこがあたってしまったようで、初日にモニタのガラス面の端が欠けてしまいました…。古い方は無傷なのに!画面の黒枠のような部分で仕事には問題なさそうですが、
ご購入される際は皆様も画面の端っこにはご注意クダサイ。
古い方が頑丈なようデス。悲しみを乗り越えて、コンセントとLANケーブルを刺しセッティング完了!?
キーボードとマウスは線が繋がっておらず無線でBluetooth接続のようですので、これだけのようデス。インターネットもwi-fi環境ならLANケーブルもいらなくてスッキリしますネ!簡単デスネ!無事電源が入ってくれて、一安心。
ヤフーニュースが無事閲覧デキマシタ。「今年のクリスマスは北日本寒いらしいデス。」
軽くいじってみて、アプリケーションの動きは速そうです。
リアルな仕事で考えるとチラシを爆速で作る事は中の人がパソコンについていかないかなぁとも思いますが!
制作中に中の人は常に考えており、虹色アイコンがぐるぐる回って考える時間が長いので実は難しいデス。
リサイズ作業やフォトショップのフィルタ、アピアランスを大量に使ったデータ等であの忌々しい虹色の円形アイコンがでなくなると少し制作ペースとやる気があがりそうです。(いや、やる気はいつもMAXだし。)

小ネタですが、ワタクシの携帯電話はiphone6 SEを使用しております。
このiMac proさん、携帯に電話がかかってくると反応して、パソコンでハンズフリーで電話ができるではありませんか!凄い!
詳しく調べてないので何故かはわかりませんが、appleIDのせいかも!?(他に携帯と連携している情報を入力した記憶はありませんので…。)
本格的にこの機能を使うかはまだ迷ってますが、ワタクシは現在iphoneとハンズフリーのイヤフォンを使用して電話のやり取りを行なっております。
作業しながらクライアント様と電話のやり取りをしたり、簡単な修正は電話越しにササっと行なったりしておりますが、
イヤフォンのバッテリーがあまり持たない事、イヤフォンがすぐ机の上で迷子になる事が多いので、そう言った細かい問題!?がこれを使えば消えるかもシレマセン。
最新の機能は凄いデスネ。ついて行けるよう勉強しなくてはいけないなぁと感じておりマス。

普通のmac proを今まで高けぇぇ!と、思って避けてきたので、実はmac proでも既に虹色はでないのカモシレマセンが。8年の前のiMacではよくみかける人デシタ。
付属の黒いマウスと黒いキーボードはiMac proを購入しないと手に入らない物らしく、ヤフクオクに出そうかなぁとか考えつつ、正月休み中に環境のセッティングとOSの勉強、アドビCC2018と最新の他アプリの勉強をして2018年からは新しいiMacでテンションを上げて頑張ります!(画面の端っこ欠けてるケド!)このブログでもDTPで使った感覚的な感じで(←ここ大事。数字とか知りません。)感想等をお届けてできればと考えております。
今後ともよろしくお願いいたします!