テレワーク

新型コロナウィルスの影響でテレワークが推奨されておりますが、Web上で受注からデータの納品まで行うフリーランスのデザイナーであるワタクシは「使った分だけ料金がかかるテレワーク社員のようなモノ」です。

デザイナーをテレワークで雇用する為、仕事ができる環境を整備するために必要な機材と費用、環境の維持費について紹介していきます。

  • テレワークのデザイナーに必要な設備と費用
  • フリーリーランスデザイナーの設備
  • デザイナーのテレワーク環境の維持費

デザイナーはテレワークしやすい職業ではあると考えますが、環境を整備するために必要な設備やアプリケーションがありますので給料以外にもそれなりに費用がかかります。

家にデザインを制作する上で必要な環境が全く揃っていない状態からテレワークでデザインの業務をこなすコトができるためにかかる費用は最低限でも1年間で37.8万円かかるコトになります。

Freestyle
2年目以降は少し安くなりますがそれなりにかかります

デザイナーをテレワークで雇うためには主にパソコンと環境を維持する為の費用がかかってきますので、費用を考えていきます。

  1. デザインに必要なパソコンと機材の費用
  2. テレワーク環境を維持する為の費用
  3. テレワーク環境で導入すると便利なモノ

Freestyle
テレワークの環境について聞かれたコトが何回かありましたので書いてみました
スポンサーリンク

デザインに必要なパソコンと機材の費用

パソコンと周辺機器

デザインに必要なパソコンと機材は一旦買ってしまえば、維持費がかかかりませんがソコソコの初期投資が必要になってきます。

デザインはMacでもWinでもOK

パソコン

デザインに必要なパソコンですが、大昔はMacでないと対応していないアプリケーションがありましたが、2020年現在では正直、Windowsでもデザインに必要なアプリケーションが対応しておりますのでデザイン制作は可能です。

新品のパソコンの価格で言うと、同じような性能であるならばWinのほうが安いのではないかと考えますが、ワタクシは昔から買い揃えたフォントがWinだと使えなくなりますので、Macを利用しておりますのでMac前提でお話しを進めます。

Freestyle
Macの方がバックアップが簡単などメリットもあります

DTPもそこまで高性能である必要はない

ワタクシは仕事が物凄く早くなるのではないかと考えて、お試しでDTPをするにはオーバースペックのパソコンを使用しておりますが、DTPをするには正直2020年の最高スペックレベルのパソコンは必要ありません。

DTPに必要な性能は昔からあまり変わりませんが、パソコンの性能はどんどんあがっておりますので、デザインを作るために昔は最高ランクのパソコンの方が効率が良かったですが、現在はソコソコのパソコンで良いと言えます。

ワイドモニターの方がデザインしやすい

デザインで使用するモニターは4:3の通常の比率のモニターでも仕事ができないコトはありませんが、デザインの制作効率を考えるとワイドモニターの方が良いと言えるでしょう。

Freestyle
ツール類を端っこに寄せてデザインスペースが広く取れます
簡単に揃えるならば、モニターとパソコンが一体となっているiMacのようなパソコンを中古で購入して、メモリを増やすコトが安く済むのではないかと考えます。

テレワークデザイナーにおすすめなパソコン

パソコンは性能によって価格が大きく変わりますが、ワタクシの感覚ですと2015年頃に発売された中古iMacにメモリを32GB載せれば十分ではないかと考えます。

現在はiMac ProというDTPではオーバースペックなパソコンを使用しておりますが、2017年の年末まで、ワタクシは2011年頃発売されてメモリが16GBのiMacを使用しており、普通に業務がこなせておりました。

少し古いですが、ワタクシがテレワークデザイナーにおすすめなパソコンは2015年頃発売され、メモリが32GB入っている中古iMacあたりが15万円で販売されておりますので手頃ではないかと考えます。

Freestyle
WinはあまりわからないのでMacでおすすめなパソコンとなります

因みにWebデザインならばDTPよりも画像データが小さいのでもう少し性能を落としてもOKと考えます。

中古Macは買い取ったあとのお手入れは知識のある専門店で考えた方が良いと言えますので有名どころが「秋葉館」というお店になります。

Freestyle
iMacの発売時期が記載されているので型番を知るにも便利です

外付けHDDは2台以上が良い

デザインで使う画像のデータはワードやエクセルのデータと違って、一つ一つのファイルの容量が大きいのでパソコンのハードディスクだけではすぐに容量がいっぱいになってしまいますので、使わなくなったデータを逃す外付けハードディスクが必要になってくるでしょう。

パソコンが調子悪くなった時や壊れてしまった時、進行中の案件を抱えたままパソコンが壊れると被害額はハードディスク1台分以上となりますので、保険としてバックアップ用のハードディスクもあった方が良いので準備しておいた方が良いです。

パソコン内のデータを逃す外付けHDDも、バックアップ用のHDDもそれなりの転送速度があった方が良いので、転送速度の規格に注意して1台1万円程度の外付けHDDを2台用意した方が良いでしょう。

Freestyle
ThunderboltやUSB3.0以上の規格が良いと言えるでしょう

Thunderboltのハードディスクは値段がかなりお高いのでテレワークの環境を安く抑えるのであればUSB3.0の転送速度でOKです。

パソコン内のデータを逃す外付けHDD

iMacの容量は購入時に増やしたりするコトはできますが、iMacは基本的に500GB〜1Tくらいの間のモデルが多いのでしばらく使っていれば容量がいっぱいになるコトもあります。

ワタクシの作るチラシやポスターは大体1案件あたり500MB〜1GBの間ですので、100案件程度こなすと1Tのハードディスクでも一杯になってしまいますので外付けHDDは必要と言えるでしょう。

バックアップ用の外付けHDD

Macの場合「Time Machine」というアプリケーションがあって、外付けHDDに丸ごとパソコンのデータをコピーして、パソコンが壊れた時には条件が多少ありますが別のパソコンに丸ごとデータを移すコトができます。

Freestyle
Macのメリットの一つはTime Machineが使えるコトと言えます

Time Machineがあれば「制作中のデータをひとつ前のバージョンの戻すコト」も簡単ですので、すごく便利なアプリケーションと言えるでしょう。

Time Machineの欠点としてHDDの転送速度が遅いとパソコンがモタつくコトがあるのでそれなりの転送速度のHDDを用意した方が制作効率が上がると言えます。
スポンサーリンク

テレワーク環境を維持する為の費用

費用

パソコンと外付けハードディスクを用意しただけではデザインの仕事ができるわけではありませんし、テレワークをするにはインターネット環境も必要になってきますね。

パソコンと機材以外で必要なモノ

インターネット

インターネットは既に引いている方も多いかもしれませんが、デザイナーのテレワーク環境を整えるためには「それなりに速度のあるインターネット回線」、「デザインに欠かせないAdobe CC」、「フォント」が必要になってきます。

テレワークにインターネット環境は必須

ワードやエクセルのデータとは異なりデザインの画像データはファイルの容量がそれなりに大きいので、インターネット回線のスピードもそれなりに早いモノが必要になってきます。

Freestyle
テレワークでデザインをするなら光回線が望ましいでしょう

高速Wi-Fiルーターは光回線と比較すると遅いと考えますが、一応仕事をするコトができる速度はあったりしますが、データの転送量が多いと速度制限がかかったりしますのでご注意ください。

今後テレワークする人が増えてくると人が多い回線は遅くなるのではないかと考えておりますが、関東ならNTT系列から少し外れた「NURO光」や「au光」あたりのインターネット回線が安全と考えます。

高速Wi-Fiルーターはもう少し安いですが、光回線のインターネット契約する場合、会社や内容によって多少差はあるでしょうが、大体月額5,000円程度かかると見ておけば良いと言えます。

デザインに欠かせないAdobe CC

パソコン上でデザインデータを作るためにはイラストレータやフォトショップが必要になると言えますが、2020年現在では「Adobe CC」というAdobe系列のアプリケーションが一つになったモノを月額契約する必要があります。

イラストレータやフォトショップを単体で契約するコトも可能ですが、両方単体で契約するのとAdobe CCを契約するのでは料金に大差がなく、Adobe CCはデザインに必要なアプリケーションが多く含まれておりますので、Adobe CCの方が良いと考えます。

Freestyle
イラストレータやフォトショップ以外のアプリケーションもデザインで活躍したりもします
たまにイベントで1、2ヶ月無料の時がありますが、基本的にAdobe CCは月額3,980円で契約するコトができます。

デザイナーはフォントが実はお高い

フォントもデザインを作るためには重要な要素となりますが、最近のフォントは買切りではなくAdobe CCと同様に年間契約のモノが多いです。

デザインで良く使う、モリサワ系のフォントは年間49,800円、LETS系のフォントは36,000円、ダイナフォントは6,800円か41,500円と、それなりに高額ですので色々フォントを利用するとパソコン以上の価格となりますので厳選した方が良いと言えます。

Freestyle
とりあえずモリサワ系とダイナフォントがあれば何とかやれそうな気がします
フォントはインストールする数によって価格が変わってきますが、最低限の予算として年間10万円程度は見ておいた方が良いと考えます。
スポンサーリンク

テレワーク環境で導入すると便利なモノ

テレワーク環境

「デザインに必要なパソコンと機材の費用」と「テレワーク環境を維持する為の費用」で挙げたモノはデザイナーがテレワークで仕事をする為の最低限の環境で、更なる効率化を図るために導入すると便利なモノが色々とあります。

デザインであると便利なモノ

ツール

テレワークでデザインを作る上で必須ではないですが、会社として動くのであれば導入した方が便利なモノも結構あります。

デザイン確認用のプリンター

プリンターは必ずしも必須ではありませんが、制作物を作ったら印刷して確認した方が文字のミスなども減りますし、画面上の色と印刷した色は結構違いますので色味の確認に便利です。

Freestyle
最近は安いプリンターが結構あります
確認用のプリンターで印刷したモノをお客様に納品するわけではないので、確認用であるならば最近はお安くなっている1万円以下で買える安めのインクジェットプリンターで良いと考えます。

デザイナーが共通で使える素材サイト

デザインを作る上で素材サイトを利用するコトは高いクオリティでの紙面作りや効率化を図る上でかなり便利ですので、導入すると良いと言えるでしょう。

私のようなパチンコ業界特化だと海外素材も扱っている素材サイトを利用しておりますが、素材サイトは色々とあって、日本人の写真や日本のデザインに強い素材だと「PIXTA」が圧倒的と考えます。

Freestyle
Freestyleでは日本に拘っていないので「Shutterstock」という素材サイトを使っております
素材サイトを用意するのであれば、デザイナーの数によって最適なプランが異なりますが、デザイナー一人で考えると1ヶ月1000点ダウンロードで月額16,500円のプランが良いと考えます。

デザイナーのデータを保管する場所

デザイナーが作ったデータはデザイナーの元だけで保管すると万が一の時、データが消失する可能性がありますので、終わった案件は一箇所に集めて保管しておくと良いですね。

自社サーバーを用意するのが費用的に安いですがサーバーを管理するためには知識が必要になってきますので、クラウドストレージの利用などを検討するのも良いと考えます。

Webカメラやチャットアプリは効率が落ちるので注意

チャット

テレビ番組で紹介されているテレワーク環境だとWebカメラを全員が用意して繋ぎながら仕事をしているシーンをみかけますが、デザイナーに関しては成果物次第ですのでWebカメラやチャットアプリはあまり必要ないと考えます。

チャットは文字打ちが早くても、返信するたびにちょこちょこ作業が中断されますので効率化を考えると、制作の内容確認と期限の確認をメールや電話で行うのが効率が一番良いと考えます。

Freestyle
既読スルーでトラブルになるコトも!

あくまで単独のデザイナー視点ですので、デザイナー+他部門で考えるならばWebカメラやチャットアプリなども有効な場合もあります。

Webカメラやチャットアプリなどを導入する場合は効率を考慮して「本当に繋ぎっぱなしにする必要があるのか」を見極めた方が良いと言えるでしょう。

テレワークデザイナーの雇用と外注

テレワーク

テレワークでデザイナーを雇うには機材を用意して、自宅の環境も整えないといけませんのでデザイナーの給料以外でそれなりの出費も毎月かかるコトになります。

テレワークデザイナーの環境にかかる費用

テレワークの費用

デザイナーが使う最低限のパソコンと機材を用意して、テレワークができるようにするため必要な機材と費用を見ていきましょう。

最低限テレワークに必要な環境

パソコンとハードディスクは買い切りですが、環境を維持するために必要な他は月額や年間払いですので、「デザイナーをテレワークで1年雇うために必要な費用」としましょう。

  1. 安めの中古パソコン…15万円
  2. 外付けHDD 2台…2万円
  3. インターネット環境…月額5,000円(年間6万円)
  4. Adobe CC…月額3,980円(年間4.8万円)
  5. フォント…年間10万円程度

Freestyle
パソコンとハードディスクはグレードを上げればどんどん費用が嵩むと考えます
最低限テレワークでデザイナーが1年間仕事をするために必要は費用は給料とは別に37.8万円というコトになり、2年目以降は毎年パソコンやハードディスクを購入するわけではないので17万円を引いて、年間20.8万円かかるコトになります。

効率よくデザインを作るためにあると便利なモノ

デザイナーにとって効率的に業務を進めるためにあると便利なモノを追加するともう少しかかりますね。

  1. デザイン確認用プリンター…1万円
  2. 素材サイト…月額16,500円(年間19.8万円)

Freestyle
素材サイトはデザイナーが複数で使えるプランなどもありますので複数のデザイナーを雇えば安くります
最低限の環境に加えて「デザイナーにとってあると便利なモノ」を追加すると37.8万円+20.8万円で58.6万円かかるコトになり、プリンターは買切りですが、素材サイトは買切りではないので2年目以降は40.6万円かかるコトになります。

制作物が少なければアウトソーシング

アウトソーシング

デザイナーをテレワークで雇うには、最低限の環境である37.8万円に加えて、給料を出さないといけませんが、テレワークで仕事ができるデザイナーは一通りの業務を一人でこなせないといけませんので、「実務経験があるデザイナー」でないといけないと言えるでしょう。

実務経験のあるデザイナーを探すコトもそれなりに難しいく募集しないといけないとなると求人広告の費用もかかり、安い給料だと集まりが悪いのでソコソコの給料も必要になってくると言えます。

仮に運良く月給20万円で実務経験豊富なデザイナーが雇えたとすると、年収は240万円に加えて環境整備にかかる37.8万円かかり、1年目は合計270.8万円かかるコトになります。

フリースタイルで提示しているデザイン料金で換算するとチラシ1枚あたり1.5万円ですので、270万円分のデザイン料金で計算すると年間180枚、月間15枚のチラシをデザイナー一人に作ってもらってようやくプラスマイナス0というコトになります。

Freestyle
実際は税金や社会保険料がかかりますのでプラスマイナス0まではもっとかかるでしょう

制作物が沢山あればテレワークでも機材や環境の費用を上回るメリットがありますが、制作物が少なければアウトソーシングの方が良いというコトが言えます。

スポンサーリンク
おすすめ記事